●火の国くまもと発:美味しいモノやステキな出会い 日々のてくてくの軌跡● 02Feb2007
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
6月あれこれ…花ショウブやホタルなど。
2013-06-04 Tue 14:48
あっという間に1年も折り返しの6月。
年々暑さが厳しくなっていっているような気がするのですが
今年もエアコンのないお家で無事に夏を越せるのかしら…
扇風機君の働きに期待~♪


徐々に夏の気配が漂い始め、車中ではエアコン利かせ始めた6月。
個人的には、涼を求めて(?)水辺へと行く機会が増えているようです。



6月から「鮎漁解禁」ということで…
某番組内のPRで甲佐町のやな場に来たモンさんを見学に。
6月
やな場、はじめてきましたがとてもステキな場所でした。
流水音を聞きながら涼しげな雰囲気の中でぐだぐだしたいよねー。

モンさん、現場入り前にかわいい黄色のサンダルを履かせてもらってご満悦(*^_^*)
6月
何故にこのポーズ?(笑)



先日は、某番組で玉名の高瀬裏川花菖蒲のPRに訪れたモンさんですが…
見頃の頃を見計らってライトアップにお邪魔してきました。
6月
昼間は何度か来たことあったのですが夜ははじめてー。

石橋との組み合わせがなんとも古風で風流でステキでありました。
6月
ちなみに写真は先週の金曜日のもの。
今週いっぱいは日没から22時くらいまでライトアップを楽しめるようです。



最後の6月の水辺風物詩と言えば…
ホタルですね(*^_^*)

おととしくらいに初めてふらりと見に行って、
こんなに見えるんだ~とびっくりしたんですよね。

そろそろかなーと旭志へお邪魔してきました。
協力金200円を支払い駐車場へ。
川沿いをてくてく散歩しながら辺りが暗くなるのを待ちます。。。

しばらくふらふらしていると…
どこからともなく「ひかったー」「いたー、あそこ!」
などなど歓声が。

森の方へ視線をむけると黄色のほのかな光がひとつ、またひとつ。
じゅうぶんに暗くなって目が慣れる頃にはこんなにものホタルの演舞(*^_^*)
6月
頑張ったんですけどね…
カメラに納めるのは早い段階で諦めて目視でホタル観賞。
風が強かったのでちょっと心配していたのですが
思いのほかたくさんの光に出会えてにまにま帰宅の路につきました。

今回はちょっと早め、日没前に着いたので余裕で停めれたのですが
見頃となる20時頃には駐車場満車で入口は渋滞ができていました。
平日だったんですけどね…
余裕がある方は早めに行かれた方がゆっくり見れるかと思います。


本格的に暑くなる前にどこそこお散歩行けたらいいなー。
よか場所あったらおしえて下さいな(*^_^*)♪








スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
災害ボランティア体験記@阿蘇
2012-08-07 Tue 14:14
8月3日。
玉名の花火大会へ行ってきました。

西原村からの帰宅後。
夕方、実家でTV見ながらだら~っとしていたら
ツイッターをしていたお友達と「行きますか!」と急遽決定。

渋滞に巻き込まれつつも開始の20時には無事到着。
迫力の大玉に、小技の効いた可愛いの…
見上げて首が痛くなるということもなく、
人混みに辟易することもなく、
なかなかのポジションで観賞することができました。
花火
花火
花火
運転、お疲れさまでした。お世話になりました。
誘ってくれてどうもありがとう(*^_^*)

モンさん以外のイベントにくま友さんとお出掛け。
ステキなご縁をありがとう。モンさんに感謝至極。




横道それましたが本題に。

あ。文字ばかりですがあしからず。。。(^_^;)


この遠足の前日…阿蘇へドライブ。
台風こんでよかったよー。
役犬原にあります「阿蘇災害ボランティアセンター」へお邪魔してきました。

小学校グラウンドの斜め前にある舗装された駐車場へ案内され駐車。
必要な荷物を持って校舎へと向かいます。
(初めから車提供するなら荷物そのままでも良いかもー。)
1F正面玄関を入ると机が並べてある受付。
阿蘇では初めてだったので「初回」で受付し、名前や必要事項を記入します。
ボランティア保険の加入の有無も尋ねられますが、前回龍田で加入したので
手続きは必要ありませんでした。
平日だったので受付も混雑したおらずこちらで加入される方もいらっしゃいました。
ボランティアの目印であるシールも腕にペタッと。
(はがれやすいので安全ピンとかで止めれるといいかも…)


受付後は…
教室を利用したオリエンテーション室で心得や注意事項のお話。
パイプ椅子が用意してあって、扇風機もまわっていました。
ある程度の人数が集まったら随時開催されます。
概要をまとめたプリントが用意されているのですが
日々の活動の中で生じる問題や注意事項などの紹介も。


オリエンテーション後はマッチング。
依頼に応じて派遣する車両や人数を決めていきます。
龍田のときは1軒のお宅からの依頼に対してボランティア1件と
カウントしていたように思いますが、こちらでは地区ごとの依頼も。
「○○地区の区長さんから何十人のボランティアさんをお願いします…」と
いうような実際は何軒にも及ぶ依頼も1件とカウント。
正確な軒数は把握できません。

阿蘇では社協による送迎用の車がほとんど手配できず、
参加者の車での移動がほとんど。
龍田での「○人グループを作ってください」という方法ではなく
車両への乗車区分によるものが大きかったです。
何人で来てますので…。何人乗れます…。といった
割とアバウトなグループ分け(^_^;)

ひとりで参加の私は、自然におひとりでの参加が多いグループへ。
グループが決まったらリーダーとサブリーダーを決めて、
10人グループですが4台の乗用車での移動となりました。
車を出す人は地図と車両許可証的なものを受け取って、いよいよ現地へ移動。
阿蘇と行ってもあちこちで被害が。広いですので移動時間もかかります。
到着するまでの間にも山肌や畑にまだまだのこる土砂や流木や泥を目にし
やりきれない想いを感じました。

いざ○○地区に到着しましたが、何処に行っていいのやら。
しばらくすると現地の案内スタッフさんがやってこられました。
この方は他県の方ですが阿蘇に寝泊まりしボランティアの
コーディネートを担当されているそうです。
なんさん車の数が多いので移動と駐車がたいへん!
このときも現地での駐車スペースが確保されていないということで
しばらく待っていました。

住宅街の離合がやっとな細い道を抜け…
作業する重機やトラックなどともすれ違うので大きな車は大変そう(^_^;)
やっとこさ2台止められる駐車スペースへ到着。
ここで10人のグループでしたが現地のボランティアスタッフさんより
半分に分かれてーと指示あり。
5人で依頼のお宅へ到着です。
ひとりでの参加の30代前後の女性が3名。
ひとりでの参加の60台男性が2名のメンバー編成。
女性陣はみな初参加ですが、男性陣はもう何度も来られているそう。


9時前に受付しましたが作業開始出来たのは11時くらいでした。。。

龍田のように10人乗りくらいのバンでピストン輸送とか出来んのかな?
センターから現地までは時間もかかって大変だろうけど、地区内のみの送迎とか。
地区までは車で来てもらって近隣の駐車スペースからは送迎車とか…無理とかな?
車両確保とかガソリン代の問題かなぁ。

せっかく遠くや他県から来てくくれている人がたくさんいるのに
移動の調整や待機で時間とられてもったいないなーと感じました。



さてさて。今回の活動内容は…
こちらは今回の土砂崩れがもっともひどかった地区の一軒。
大人の胸くらいの高さまでの土砂が流れ込んだんですって。
家の壁にもまだまだ泥のあとはくっきりと残っています。
この地区は避難勧告が出されていたので
お家の方も片付けが充分に出来ていないのだそう。
台風で再び避難勧告が出されて気が休まらない様子でした。
それでも「ボランティアさんがくるのでー」と
一緒に作業に精を出される姿には胸をうたれます。


重機が入って土砂は除去されておりました。
畳もあげ、床下の泥も出してありました。
担当のボランティアの方が今日は高圧洗浄機で家の中の汚れをとりますとのこと。
洗浄機を扱う人以外は手持無沙汰になるので
担当さんと相談して壁やガラス戸を洗う作業をすることにしました。
作業は勝手に自分たちで決めないで必ず担当の方に尋ねましょう。


持参したゴム長手袋を装着。
1枚1枚ガラス戸を外して、乾燥した泥がこびりついたガラスや金具を
ブラシやスポンジで洗っていきます。
使って良い道具は担当のボランティアさんやお家の方に尋ねます。
私はガラス戸を担当。ほかの女性陣はサッシに詰まった泥や汚れをとる作業を。

午前中の1時間はホントにあっという間。
「休憩しましょうか」の声にびっくりしてしまいました。
持参したご飯でランチタイムです(*^_^*)

涼しい風の入る納屋でのーんびり。
色んな職業のお話しや、阿蘇の他地域の被害状況などを聞きたりして
ふだん出来ない交流ができました。



午後も引き続き洗いもの。
ガラス戸が終わったので、玄関の引き戸や網戸などもワシャワシャと。
木の扉もありました。タワシでごしごし。
ふふふ。普段自分のお家はこんなとこ掃除したことないのにー。

洗いものがひと段落して、休憩はさんで…
壁の泥を落とす作業をお手伝い。
乾いたブラシや毛の短いタイプの箒で壁をこすっていきます。
乾燥しているのでポロポロ落ちますが溝に入り込んでいるのがしぶとい。。。
粉塵すごいのでマスクお忘れなく☆

玄関内の泥を落としていると…
「15時なのであがりましょうか」とお声掛け。
えぇー。もう!?…まだやりたいないよっ>゜))彡
残っていた分をささっと片付けて、
使った道具をキレイにあらって整理整頓。

自分たちも手や顔を洗わせてもらってキレイに。
山水をひいてあるのでとっても冷たくて気持ち良いのです(*^_^*)

お家の方と担当のボランティアさんにご挨拶して、
見送られながら後にしました。
車へと戻る道すがらも地区のたくさんの方が作業に精を出されていました。




熊本市龍田のセンターは役割を終えて閉所されてしまいましたが
阿蘇ではまだまだ復旧がすすんでいない地区もあります。
ボランティアを必要としている方もたくさんいらっしゃいます。


わたしも毎週やすみの度に…は正直無理です。
「できる人が、できるしこ。」で良いと思っています。


男性女性関係なく、若い方から年配の方まで。
熊本からではなく、九州の他県や本州からも泊まりで。
たくさんの方が熊本・阿蘇の為に尽力して下さっています。
まだまだ豪雨災害の傷痕が生々しく残る阿蘇ですが
みんなみんな頑張っています(*^_^*)

災害ボランティアだけが支援ではないですので。
募金や観光でも阿蘇を支援していけたらいいですね。




文字ばかりなので最後に1枚。。。

これなーんだ。
花火
玉名の花火の失敗作w
どっちが上で下で、右で左かわからん1枚。
おもしろかねー。




長文、最後まで読んで下さってありがとうございましたm(_ _)m

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
クマの手も借りたい熊本です@求む!災害ボランティア
2012-07-21 Sat 00:46
7月20日(金)
お休み。


AMは城彩苑でくま現場が入っていたのですが今日はがーまーんー(>_<)
モンさん、さみしがらんでね。。。
(しかし私が我慢と決めたのち出動が中止になったようです。)

先日の大雨被害による災害ボランティアさんがまだまだ足りない…
と言うことでしたので参加させていただきました。
初災害ボランティア。


ほら。くまも呼びかけてるー。
サプライズ☆
くまモン
どっかでみたデザインですこと。
社協さん、上手いことつくりましたねーw




以下、ずらーっと文字だけの記事ですが…
興味のある方は御一読くまさい。


阿蘇、龍田、菊池と災害ボランティアセンターが開所されておりますが
私がお邪魔したのはご近所の龍田。

龍田小学校が臨時駐車場として使えるのでそちらに駐車。
事前の情報では送迎バスがあるということでしたがそれらしいの見当たらず。
帰りはスタッフさんに尋ねてみましたが運行していないとのこと。
しかし前日もボランティアに参加された方によると「昨日は走っていた」とのこと。

日によって違うのかな?
まぁ歩いて10分もかからんのでてくてくするのも問題ないです。
気になる方はセンターに確認されてみて下さい。
平日ならセンターの周辺に止める余裕もあるみたいです。





龍田市民センター玄関前にて受付。
初参加の人はここでボランティア保険にも加入します。
作業中の怪我や事故、ボランティア先の物損などに対応してくれるとのこと。
保険料は先方持ちですので参加者の支払いはありません。

受付がすむとお隣の20脚程の椅子が並べられたエリアでオリエンテーション。
随時人が集まったら5分ほど活動上の注意や簡単な説明があります。
なので「何時集合!」とかじゃなく自分の良い時間で参加出来ます。
実際わたくし本日じゃっかん寝坊しまして…(^_^;)
受付したの9時過ぎてた。。。

説明を受けたらグループ分け。
ボランティア6名で1組のグループを作ります。
数人で参加される人、ひとりの人。
1日参加できる人、午前中だけの人。
男女のバランスなどなど考慮してコーディネート。
まぁ…割と参加者まかせな感じw
この人仕事できそう!何回か来られてるのかな?
…な方と一緒になれるとラッキーです。


私のグループは、二十代から五十代まで男性3人、女性3人。
そのうち4人はひとりでの参加。
おひとりだけ午前中のみの作業でした。
2回目の方がいらっしゃったので何となく安心。
グループのリーダーもしていただきました(^-^)



グループが決まるとセンターからバスに乗って移動です。
出発前には500mlの飲み物と塩飴ちゃんをいただきましたよ。
今回お邪魔したのは弓削地区。
ここでは公民館が作業用の資材の保管場所兼ボランティアの休憩所になってまして
スタッフさんより実際にお邪魔するお家や作業内容を教えてもらいます。

一輪車やスコップ、バールにバケツなどをもって現地へ。
白川が目の前。
ガードレールはぐにゃりとへしゃげ、流木や木くずがあちこちに積まれています。
川の水は茶色で濁流。
1週間以上たちますがまだまだ傷痕はくっきりです。



さー働くよー(^-^)

グループで担当したのは8畳ほどの和室。
畳はあげてあったので床板をバールで外し床下の泥を運び出します。
男性陣が板をはずし女性がリレー方式で運び出し。
床板を全部外し、さー作業!となりますが…
横木があるのでなかなか思うように作業がはかどらず(^_^;)
バケツに泥を入れて外に運び出す作業を繰り返しました。

みんなで工夫して作業しやすい方法を。

泥を運び出したあとは外した床板のお手入れ。
バールで1本1本釘を抜き、ブラシを使って1枚1枚キレイに水洗い。
軒下に干し終わったところで午前中の作業終了。

公民館へ戻って、持参した昼食でランチタイムです(^-^)
ご飯食べながらグループの方と和やかにお話し。
ここでも出たよ。モンさんトークw
ご自由にどうぞ♪の塩飴コーナにくま飴がいーっぱいで。
出逢って数時間の方に「持って帰えんなっせ~♪」とすすめられてましたw

初災害ボランティアがこのメンバーで良かった(*^_^*)


午後からは小雨降る中、蔵の中の泥出し。
これが恵みの雨でした。
お天気やったら粉塵舞って大変やったと思う。
雨のおかげで砂埃も感じんですみました。

車が数台止めれそうな昔ながらの蔵(物置)。
そこに15cmくらい積もった泥をスコップで一輪車へ。
一輪車に乗せた泥は、道向かいの川沿いの道路端へ。
道路へ出した泥は重機がトラックへ乗せて運んでいきます。

こつこつこつこつ…
小さな作業がむくわれて作業の終りが見え始め
一輪車で蔵と捨て場と数十回往復して…
キレイになった蔵の中をみたときの達成感といったら!
みんなニコニコ(*^_^*)
無理せんごつね。ぼちぼちね。交代しますよー。
お互いに声を掛け合って、協力し合って良いお仕事ができました。
参加させてもらってありがとう。

最後に、立派な木が何本も生えているお庭も泥だらけだったので
泥出して水はけ良く。
お家の方も一緒に作業されて…
「皆さん、学生さん?」って明らかにアラサー、アラフォーなのにw
「まぁお仕事されているのに?お休みで?ありがとう。」って。
こんなに嬉しい「ありがとう」にはなかなか出逢えない。

うん。思いきって来て良かったな(*^_^*)


泥だらけになった資材を洗って、靴洗って…
雨なのか汗なのか分からんくらい濡れて…
靴下までびしょびしょになって…

それでもみんな満足そうな晴れ晴れとしたお顔。


作業終りの報告後、公民館までお迎えの車が来てくれます。
センターに到着後はリーダーさんが作業終了の報告をして、解散。
一期一会に感謝☆

ありがとう。





以下参考までに…

私が個人で持っていったもの。
 ●ペットボトル(1000mlを凍らせたもの)
  現場で500mlのペットボトル(お水、アクエリ等)もらえました。
 ●昼食(パン…コンビニおにぎりを持ってきている人が多かったかな)
 ●マスク
 ●ゴム手袋
 ●タオル

 意外に少ないでしょ?
 ちなみに個人の荷物は作業するお宅まで持って行って
 軒下にまとめて置かせてもらいました。

作業しやすい汚れても良い服装(長袖&長ズボン)
長靴、帽子


次回は持っていくもの
 ●替えの靴下(←しばらく作業しとらんやったけん平和ボケした(^_^;))
 
雨に降られることもあるし汗もかきます。
お昼に着替えたいなーと思う方は予備のTシャツくらいあってもよいかも。


本日は受付にて…
短パンにノースリーブや、スニーカーに半袖Tシャツ姿というの女子達がおって
スタッフさんが困惑されておりました(^_^;)
社協のHPに紹介されている服装ほどじゃなくても
ある程度の常識とTPOは大事、大事。



ざーっと1日の流れを紹介してみました。
参加するまではいろいろな葛藤や不安もあるとおもいますが
行けばどぎゃんかなります。

「何かお手伝いしたいな。」

という気持ちがあれば大丈夫(^-^)


ストンと自然に出てくる「お疲れさまです」「ありがとう」という気持ちと言葉。
貴重な経験をありがとうございました。
また日にちが合えばお邪魔したいと思います。






別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0
観音桜公園@南阿蘇村
2012-04-05 Thu 05:31
あちらこちらで桜が満開。キレイですね~。
昨日の春の嵐で桜吹雪のところもありました。

今年はあちこち行きましたよ。
立田山や菊池市内、宇土に宇城。
JR武蔵塚駅から武蔵塚公園にかけての桜も好き。
水俣帰りに寄り道した海をバックにした津奈木の桜も見事でした。
週末には熊本城でお花見の予定。ちょうど桜吹雪くらいかなぁ。
楽しみ、楽しみ♪


今年はもう1箇所行きたいなぁと思っていたところがありまして…
夜勤明けのドライブでふら~っと行ってきました。

南阿蘇にあります「観音桜公園」。
観音桜
はじめてきましたが迷うことなく到着。

西原方面から俵山こえて、パンやさん「ウドネ」のちょっと手前、
白いロールに赤文字で「観音桜」と書いてある所から右に入っていきます。
旅館「華もみじ」の案内も出ていることろです。

道なりに上ってこの看板から左に入ったところが駐車場。
簡易トイレも用意してありますし、週末にはお店が出るそうですよー。
観音桜のある公園への入場へは協力金100円が必要です。
案内のスタッフさんに尋ねると
「いま1~2分咲き。週末は間違いなく多いよ」とのこと。
あら。ちょっと早かった?
どうりで駐車場も閑散として人気がないハズ。
でも、こうしてお花見客がいるのを見越して待っていて下さるのが
ありがたいですね(^-^)



意外な傾斜をざくざく登っていくと…
観音桜
太陽を背に、大きくて立派な桜の木。

枝ぶりもとてもキレイで見惚れてしまいます。
観音桜
観音桜
枝を支える何本もの支柱。
だいじにされているのが伝わってきます。

桜のまわりをぐるぐるぐる。。。
どの方向からみても南阿蘇の景色と相まってステキな風景。
お天気が良いからよけいに映えるのよね~(^-^)
四方から見たりー、近づいたり離れたりー
1時間だーれもこらっさんでね。
貸し切りの桜を大満喫してきましたよ。
受付のおっちゃんからも
「だーいぶおったね~」と声掛けられたー(笑)

ちょっとのぼった岩場から。
観音桜
この距離、ちょっと遠目からみるとそれなりに桜色ですが…
これでまだ1~2分咲き。

まだまだ蕾が多くて、咲いている花の方が少ないくらい。
観音桜
観音桜
これは満開の頃が楽しみですね~(^-^)
来週あたりまた行けるといいなぁ♪


案内看板をみると「展望所」があるみたいなのでちょっと寄り道。
車で上の駐車場までブーンとひとっとび。

広い砂利の駐車場に車を停め、階段をわくわくしながら登ると…
観音桜
広い芝生の広場。
ところどころ巨石が配置してあったり円形に囲って水が引いてあったり…
新しい場所なのかな?キレイに整備されてます。

南阿蘇の風景と気持ちの良い風を満喫するのにこれ以上の場所はないかも。
観音桜
写真右下。
桜で囲われた緑のスペースが、観音桜の駐車場や簡易トイレがあるあたり。
けっこう標高ありますよー。
高いところ好き人にはオススメ☆

こんな場所があるなんてサプライズ!!
何度も訪れたことのある南阿蘇ですら
まだまだ知らない場所がたくさんあります。

「こんなステキな場所、モンさんにも教えてあげたい。」

素でそう思って…
だーいぶ重症だな~と自分でおかしくなりましたw




昨日の嵐の余波か元々なのか…
ちょーっと風が強かったですが風が止むとポカポカ良い気持ち。
柵沿いに配置された巨石の上が太陽の熱で暖められて
ポカポカの岩盤浴みたいで気持ち良かった~♪
ゆたーっと座りこんでおやつタイムしてきましたw


眼下にはさきほど満喫した「観音桜」の姿も。
観音桜
ちょうど数名のお客さん。
わぁ~人ちっちゃい!!
満開の頃にはたっくさんのお客さんがこの傾斜をのぼって
キレイな桜をみて笑顔になるんでしょうね~(^-^)


雄大な南阿蘇の自然と立派な観音桜に癒された
ゆるゆる阿蘇ドラでした♪


別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0
「鹿央里やま 蓮まつり」@山鹿市
2011-07-16 Sat 12:53
先日の珍しく久々の3連休。
初日は河原町アートの日へ行きー、
2日目は山鹿市は菊鹿で陶芸体験。

そして最終日は…
早起きして鹿央町の「蓮まつり」にお邪魔してきました。


6時前に菊陽町を出発。
同じ時間でも早出のときはイヤイヤに家を出てますが
お出掛けとなるとウキウキ。
調子良いことに空気すらすがすがしく感じます(*^_^*)


平日だったんですが通勤ラッシュにはまだまだ早く
朝靄と涼しい空気の中を気持ち良くドライブし
6時半頃に鹿央に到着。

毎年、来たいなーと思いつつ早起き苦手なのでなかなか思い切れず…
今回初めて行ってきましたよ。
蓮
平日のこんな早い時間にもかかわらずお客さんけっこういらっしゃいました。
本格的な一眼レフと三脚持参のカメラマンの方もいっぱい。

わたくしのNEXくん、普段は“本格的”“ごつい”と評していただくんですが
この日ばかりはお散歩感覚で霞んで見えましたワ(笑)

あらら。サミシイお知らせ発見。
蓮
そうなのねー。
ということはまた来年、再来年と見に来なんですね(*^_^*)


まだ完全に陽が出ておらず朝露がコロコロ。
蓮
蜘蛛の巣にも露が残ってキレイでしたよ~。
蓮の花は早朝に咲き、午後になると徐々に閉じていって
翌朝にまた開くんですって。
これを3~4日繰り返して散ってしまうとか。


思ったより花数は少なくて…
蓮
咲いている蓮にはカメラマンさんが交代で群がってました♪
撮ったら譲り合って…。なんだか面白い光景でした。


白い花も凛としてキレイ。
蓮
蜂さんも朝っぱらから忙しそうでした。
ちなみに蓮の花ことば…
雄弁、休養、沈着、神聖、清らかな心、離れゆく愛 などがあるそうですよ。


花の落ちた後。
蓮
蜂の巣状でおもしろい形。

この3連休あたり、お客さん多いのかな?
17日はスケッチ大会や、装飾古墳館とコラボしたイベントなども
あるそうですよ。


駐車場近くの蓮園を観賞したあとは…
農産物直売所奥の蓮園へ。

実はこちらには初めてきました。
というかこっちにも蓮園があるの初めて知りました(笑)

遊歩道が整備されていて早朝の散策にぴったりな
公園でしたよ~。

水鉢が散策路のところどころに。
蓮
これ可愛らしくて良いですね~。
癒されるわ。
蓮
睡蓮もきれい(*^_^*)

だんだん陽があたってきだして…
蓮
お花がかわいそうなくらいの強い日差し(>_<)
立っているだけでも焼かれそうなんですものー。

繊細な雰囲気の蓮。
午後には閉じてしまうのも分かる気がする。。。
蓮
だいぶ日差しが強いけど、このときまだ7時くらい。。。

散策路の一番奥には睡蓮の池。
蓮
小ぶりの可愛らしい花が水面に浮かんで咲いています。
立木のおかげでふたたび日陰に。

早朝の気持ちの良い空気の中、キレイな蓮観賞。
とーっても穏やかでのどかで良い時間が過ごせました(^-^)
蓮
この蓮まつり、今月いっぱい開催中とのこと。

もう1回くらい、早起き頑張ってこれたら良いなぁ♪


別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0
幻想的なライトアップが美しい♪「鍋ケ滝」@阿蘇郡小国町
2011-05-11 Wed 14:41
ゴールデンウィーク終ってしまいましたね。
みなさま、良い思い出は出来ました?


私は…
29日の「城彩苑」「大凧あげ」のくまモンに始まり
5月5日の「あんずの丘」のくまモンに終り…
そんなくまモン三昧な楽しいGWでしたよ~(笑)


あ。終わりじゃなかった(^_^;)

5日の夜の用事がなくなってしまったので
ふらっとドライブしてきました。
阿蘇郡は小国町にあります「鍋ヶ滝」
滝の裏側を通れたり~、某女優さんがお茶のCM撮られたり~
で有名な場所ですよね。

何年か前、人の運転で昼間に行ったことがあるだけ。
微妙な記憶を頼りにぶーーーんと。

おぉー。広い駐車場が出来とりました。
鍋ヶ滝
右奥が駐車場の入口。簡易トイレや自販機あり。

滝までの道もライトアップされてます。
鍋ヶ滝
地面に布が敷いてあるので靴底が汚れなーい(*^_^*)
これ嬉しい。

足元に気をつけながらさっさか下りて行くと
ひと際明るいテントのある広場へ。
ライトアップの協力金200円を支払います。
ライトアップされた鍋ヶ滝のキレイなポストカードを
頂きましたよ~♪

テントのある広場まできたら滝はすぐそこ。
こんな看板があります。
鍋ヶ滝
奥に見えてきましたよー。人の気配もわらわら。
まずは表から行ってみましょ。

わぁ~!!これはキレイ☆
鍋ヶ滝
某新聞に掲載されていたライトアップ写真がとってもキレイだったので
来てみたかったのですが、想像以上♪
森の中に浮かび上がる滝。なんとも幻想的で神秘的。


神々しさすら感じます。
鍋ヶ滝
どうしようか迷ったんですけど
片道1時間かけて来て良かった~。

しばし呆然と滝を眺め、深呼吸してマイナスイオンを吸収。。。
うん。ここ好き~♪


さてさて「裏」にまわってきますか~。
そうこちらは滝裏にまわれる珍しい滝なんですよ。
ちょっと戻って先ほどの看板の分かれ道を矢印の方へ。。。

暗いから気を付けて下さいね~。
鍋ヶ滝
探検気分でわくわく。

裏側から見る滝の流水もキレイですね~。
鍋ヶ滝
天井の岩盤からポタポタお水が落ちてくるのは御愛嬌(*^_^*)
カメラだけは大事に抱えてー。


滝裏通って向こう岸に到着。
鍋ヶ滝
滝の裏を歩かれている方の姿がくっきりと。
うーん。面白い(*^_^*)
昼間に来て新緑を楽しむのも良さそう。
紅葉の季節はどうなんだろうかー?

また癒されに来たい場所です。



山道歩くのに慣れておられる方には全然問題ないんですが…
この場所、けっこうな凹地にあります。
鍋ヶ滝
足場のよろしくない山の斜面を数分下りなんです。
距離自体は全然ないんですよ。

ただ。
カップルさんが何組もいらっしゃってたんですけどね…
ヒールでは厳しいかと(^_^;)
特にピンヒール。
行けないことはないですが夜だと視界も悪いですしね~。
男性の皆さま方、デートコースに入れようと思ってらっしゃるならば
歩きにくい場所に行くけーんと彼女さんにひとこと伝えてあげると
親切かも。。。

キレイな滝を見に来てケンカばせんごつ
お気をつけくださいな。


とーってもキレイな「鍋ヶ滝」のライトアップ、
来年も見に行けると良いなぁ♪



別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0
「山田の藤」をライトアップで観賞@熊本県玉名市
2011-05-01 Sun 20:12
4月末某日。。。
玉名市は山田神社の藤、通称「山田の藤」の
ライトアップ観賞へ行ってきました。
(昼間に瀬の本高原まで行ったのにネイキッドくん頑張るなぁ…)
夜間に行くのは初めてなのでウキウキ~♪


玉名バイパスの延線が開通していると知ってはいたのですが
何処そこにつながっているか調べておらず…
夜だし迷って知らん道うろうろするの嫌だったので
行けそうなら帰りに通ってみようかな~くらいで
考えておったのです。

今までT字だった交差点を玉名温泉の方へ左折して~
信号から右折して~
セブンを通り過ぎて以前の細い道を行きますが…

あれ?まさか(^_^;)

ちょーっとうろうろ遠回りしちゃったじゃないの!
新しく開通した道路をまっすぐ行けばすぐだったんじゃん(笑)
うん。勉強になりました~。
それにしてもほぼ直通じゃないですか。
便利になったなぁ。。。

ちょうど交差点のところに「山田の藤」とかかれた“のぼり”が
いっぱいたててあるので見落とすことはないかと。
植木方面から来て右折するとあとはもう1本道。

迷うことなくこちらに到着。
山田の藤
きゃー。ピンク色に光ってます☆
いや藤色というべきかしらん?
この鳥居の右を道なりに抜けて神社の裏手に駐車場がありますよー。

平日の夜でしたが見物の方がちらほら。
山田の藤
思ったより冷え込みまして…
みなさんちゃんと着込まれてました。
薄着だったのでちょっと寒かった。。。

賑やかだなーと思ったらお花見されているグループも。
山田の藤
ねー。こんなキレイな藤棚の下でお花見。居心地良いでしょうね(*^_^*)

鳥居から御宮に向かっての藤棚。
山田の藤
残念ながら画像からは伝わらないんですけれど
香りがとーっても良いんです。
あたり一面にふわぁ~っと上品で優しい香りが立ち込めているの。


御宮の右側の藤。
山田の藤
1本の木からホントにたくさんの藤の房。


この藤の房、長いものでは1m20cmくらいになるんだとか。
山田の藤
キレーイと思って見とれていたら…
「今年の房はまだ短かかねぇ」と話される声。
見頃と思っていたけれどまだまだ伸びるのかしら?

房に近付いてみましょう~。
山田の藤
ひとつひとつの花弁が優雅で可愛らしい(^-^)
この花弁がたくさん集まってひとつの房を成し
房がいーっぱい集まって藤棚を美しく彩るのです。
いったいどれだけの花弁があるんだろうか…。


暗闇に浮かびあがるライトアップされた藤の
幻想的でキレイなこと。映えますね~。
山田の藤
おひさまの下、青空の下の藤もキレイですが
夜は夜でまた違った見ごたえがあります(*^_^*)

また来年も会いに来れると良いな♪



別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0
| クロの足跡vol.2 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。