●火の国くまもと発:美味しいモノやステキな出会い 日々のてくてくの軌跡● 02Feb2007
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
「海底遺跡」見学。
2008-11-07 Fri 22:00
与那国でしたかったこと・・・。

その3。
海底遺跡」見学。

与那国島の南の海底には、
自然の生み出した偶然の産物か…
はたまた太古の人類が作った遺跡か…
と、物議を醸し出している建造物らしきものがあるのです。

むか-し、むかし。
今野敏さんの「海へ消えた神々」という本で知って興味津々。。。
いつか行ってみたいなぁ~と淡い期待を抱いていた場所であります。

そういえば。。。
一番はじめに沖縄というものに深い憧れを抱いたのは
今野氏の「熱波」という本でありました。
沖縄県庁、オリオンビール、三線。

“沖縄でオリオンビールを飲む”のが秘かな夢でありましたが
悲しいことに叶わぬ夢でございました-。




そんなこんなで、海底遺跡。
せっかく与那国に行くのですから見学しない手はありませぬ。


今回は半潜水艇ジャックスドルフィン号に乗船。
海底遺跡
ポイントに到着するまでは、海と島の景色を眺めながらクルージング気分。

北西の港を出港して、反時計周りに島をぐるり。
南の海底遺跡ポイントに到着後、船内の階段を降りて
下の階へと移動します。



わぁ~!!真っ青。
海底遺跡
海面が上に見える不思議な光景。。。


下の部屋の両側には窓ガラスがたくさんありまして
ガラス越しには青い海が目の前に。

イヤホンから流れる解説もそこそこに、真剣に魅入ってしまう
とても美しい青の世界でございました。
海底遺跡
この直角。
自然物か人工物か…
今も研究がすすめられているそうです。


海面のすぐ下。
海底遺跡
こんな場所があるなんて、なんだかとっても
不思議、不思議でございます。。。


感慨に耽っていると…。

小さなお魚さんたちがいっぱい。
ユラユラひらひら…。
海底遺跡
青の世界にすっかり魅せられ、癒された
海底遺跡見学でございました-。




スポンサーサイト
別窓 | 日本最西端への旅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<高森トロッコ列車と高千穂峡 | クロの足跡vol.2 | 与那国馬 乗馬体験 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| クロの足跡vol.2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。