●火の国くまもと発:美味しいモノやステキな出会い 日々のてくてくの軌跡● 02Feb2007
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
クマの手も借りたい熊本です@求む!災害ボランティア
2012-07-21 Sat 00:46
7月20日(金)
お休み。


AMは城彩苑でくま現場が入っていたのですが今日はがーまーんー(>_<)
モンさん、さみしがらんでね。。。
(しかし私が我慢と決めたのち出動が中止になったようです。)

先日の大雨被害による災害ボランティアさんがまだまだ足りない…
と言うことでしたので参加させていただきました。
初災害ボランティア。


ほら。くまも呼びかけてるー。
サプライズ☆
くまモン
どっかでみたデザインですこと。
社協さん、上手いことつくりましたねーw




以下、ずらーっと文字だけの記事ですが…
興味のある方は御一読くまさい。


阿蘇、龍田、菊池と災害ボランティアセンターが開所されておりますが
私がお邪魔したのはご近所の龍田。

龍田小学校が臨時駐車場として使えるのでそちらに駐車。
事前の情報では送迎バスがあるということでしたがそれらしいの見当たらず。
帰りはスタッフさんに尋ねてみましたが運行していないとのこと。
しかし前日もボランティアに参加された方によると「昨日は走っていた」とのこと。

日によって違うのかな?
まぁ歩いて10分もかからんのでてくてくするのも問題ないです。
気になる方はセンターに確認されてみて下さい。
平日ならセンターの周辺に止める余裕もあるみたいです。





龍田市民センター玄関前にて受付。
初参加の人はここでボランティア保険にも加入します。
作業中の怪我や事故、ボランティア先の物損などに対応してくれるとのこと。
保険料は先方持ちですので参加者の支払いはありません。

受付がすむとお隣の20脚程の椅子が並べられたエリアでオリエンテーション。
随時人が集まったら5分ほど活動上の注意や簡単な説明があります。
なので「何時集合!」とかじゃなく自分の良い時間で参加出来ます。
実際わたくし本日じゃっかん寝坊しまして…(^_^;)
受付したの9時過ぎてた。。。

説明を受けたらグループ分け。
ボランティア6名で1組のグループを作ります。
数人で参加される人、ひとりの人。
1日参加できる人、午前中だけの人。
男女のバランスなどなど考慮してコーディネート。
まぁ…割と参加者まかせな感じw
この人仕事できそう!何回か来られてるのかな?
…な方と一緒になれるとラッキーです。


私のグループは、二十代から五十代まで男性3人、女性3人。
そのうち4人はひとりでの参加。
おひとりだけ午前中のみの作業でした。
2回目の方がいらっしゃったので何となく安心。
グループのリーダーもしていただきました(^-^)



グループが決まるとセンターからバスに乗って移動です。
出発前には500mlの飲み物と塩飴ちゃんをいただきましたよ。
今回お邪魔したのは弓削地区。
ここでは公民館が作業用の資材の保管場所兼ボランティアの休憩所になってまして
スタッフさんより実際にお邪魔するお家や作業内容を教えてもらいます。

一輪車やスコップ、バールにバケツなどをもって現地へ。
白川が目の前。
ガードレールはぐにゃりとへしゃげ、流木や木くずがあちこちに積まれています。
川の水は茶色で濁流。
1週間以上たちますがまだまだ傷痕はくっきりです。



さー働くよー(^-^)

グループで担当したのは8畳ほどの和室。
畳はあげてあったので床板をバールで外し床下の泥を運び出します。
男性陣が板をはずし女性がリレー方式で運び出し。
床板を全部外し、さー作業!となりますが…
横木があるのでなかなか思うように作業がはかどらず(^_^;)
バケツに泥を入れて外に運び出す作業を繰り返しました。

みんなで工夫して作業しやすい方法を。

泥を運び出したあとは外した床板のお手入れ。
バールで1本1本釘を抜き、ブラシを使って1枚1枚キレイに水洗い。
軒下に干し終わったところで午前中の作業終了。

公民館へ戻って、持参した昼食でランチタイムです(^-^)
ご飯食べながらグループの方と和やかにお話し。
ここでも出たよ。モンさんトークw
ご自由にどうぞ♪の塩飴コーナにくま飴がいーっぱいで。
出逢って数時間の方に「持って帰えんなっせ~♪」とすすめられてましたw

初災害ボランティアがこのメンバーで良かった(*^_^*)


午後からは小雨降る中、蔵の中の泥出し。
これが恵みの雨でした。
お天気やったら粉塵舞って大変やったと思う。
雨のおかげで砂埃も感じんですみました。

車が数台止めれそうな昔ながらの蔵(物置)。
そこに15cmくらい積もった泥をスコップで一輪車へ。
一輪車に乗せた泥は、道向かいの川沿いの道路端へ。
道路へ出した泥は重機がトラックへ乗せて運んでいきます。

こつこつこつこつ…
小さな作業がむくわれて作業の終りが見え始め
一輪車で蔵と捨て場と数十回往復して…
キレイになった蔵の中をみたときの達成感といったら!
みんなニコニコ(*^_^*)
無理せんごつね。ぼちぼちね。交代しますよー。
お互いに声を掛け合って、協力し合って良いお仕事ができました。
参加させてもらってありがとう。

最後に、立派な木が何本も生えているお庭も泥だらけだったので
泥出して水はけ良く。
お家の方も一緒に作業されて…
「皆さん、学生さん?」って明らかにアラサー、アラフォーなのにw
「まぁお仕事されているのに?お休みで?ありがとう。」って。
こんなに嬉しい「ありがとう」にはなかなか出逢えない。

うん。思いきって来て良かったな(*^_^*)


泥だらけになった資材を洗って、靴洗って…
雨なのか汗なのか分からんくらい濡れて…
靴下までびしょびしょになって…

それでもみんな満足そうな晴れ晴れとしたお顔。


作業終りの報告後、公民館までお迎えの車が来てくれます。
センターに到着後はリーダーさんが作業終了の報告をして、解散。
一期一会に感謝☆

ありがとう。





以下参考までに…

私が個人で持っていったもの。
 ●ペットボトル(1000mlを凍らせたもの)
  現場で500mlのペットボトル(お水、アクエリ等)もらえました。
 ●昼食(パン…コンビニおにぎりを持ってきている人が多かったかな)
 ●マスク
 ●ゴム手袋
 ●タオル

 意外に少ないでしょ?
 ちなみに個人の荷物は作業するお宅まで持って行って
 軒下にまとめて置かせてもらいました。

作業しやすい汚れても良い服装(長袖&長ズボン)
長靴、帽子


次回は持っていくもの
 ●替えの靴下(←しばらく作業しとらんやったけん平和ボケした(^_^;))
 
雨に降られることもあるし汗もかきます。
お昼に着替えたいなーと思う方は予備のTシャツくらいあってもよいかも。


本日は受付にて…
短パンにノースリーブや、スニーカーに半袖Tシャツ姿というの女子達がおって
スタッフさんが困惑されておりました(^_^;)
社協のHPに紹介されている服装ほどじゃなくても
ある程度の常識とTPOは大事、大事。



ざーっと1日の流れを紹介してみました。
参加するまではいろいろな葛藤や不安もあるとおもいますが
行けばどぎゃんかなります。

「何かお手伝いしたいな。」

という気持ちがあれば大丈夫(^-^)


ストンと自然に出てくる「お疲れさまです」「ありがとう」という気持ちと言葉。
貴重な経験をありがとうございました。
また日にちが合えばお邪魔したいと思います。






スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<お昼からワインと美味しいものを…@「cafe&wine ワイン食堂 recette(ルセット)」 | クロの足跡vol.2 | 「国府まなびや」オープニングセレモニー@交通センター広場>>
この記事のコメント
おっ、クマもんに隠れてこんなすごい記事が
この暑い中、ボランティアにいかれる方を尊敬します
クロさんも本当にお疲れ様でした
先週、阿蘇に被災地を見てきました
まだまだボランティアが必要な状況でした
熟年夫婦も考えはすれどぶっ倒れて迷惑かけても
なんて考えてしまいます
そんな人にためにもこにゆな発信は必要ですよね
本当にご苦労様でした♬
2012-08-01 Wed 19:57 | URL | らぼっち #-[ 内容変更]
●らぼっちさん。
 だれが倒れるとですって!?
 バトミントンと各地巡りで鍛えた体力があればだいじょうぶですよー
 まだまだ若モンです(*^_^*)

 ありがとうございますm(__)m

 

 
 
2012-08-07 Tue 14:29 | URL | クロ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| クロの足跡vol.2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。